素材にこだわり、素材に活かされた 手づくりの味【み~と工房 とんたろう】

会社案内


社名 有限会社 とんたろう
会社住所 宮城県遠田郡美里町練牛字六号12番地
電話番号 0229-58-0092(FAX:0229-58-0592)
役員 代表取締役 鈴木 龍一
  取締役 佐藤 叶
出資社員 遠田郡美里町、畜産農家、消費者
設立年月日 平成元年4月24日
資本金 11,200千円
取引銀行 石巻信用金庫、七十七銀行、みどりの農協
年商 312,773千円 (平成24年8月決算)
主な商品 ハム、ソーセージ、牛たん製品、焼豚、食肉
主要販売先 ㈱やまや様、アイビー㈱様、地場産直市場(花野果市場、元気くん市場)
  ㈱利久様、㈱鐘崎様、㈱伍魚福様
 主要仕入れ先 スターゼン北日本(株)様、㈱エスフーズ様、㈱高速様、青葉化成㈱様
明治ケンコーハム㈱様


事業変遷


1985年6月 「手作りハム組合」設立
宮城南郷農業協同組合養豚生産組合内に組合員農家16名により「手作りハム組合」設立。自分達の育てた豚を原料にハム、ソーセージの製造を開始
1989年4月 「有限会社とんたろう」設立
南郷町内畜産農家14名の協同出資にて会社設立資本金3,600千円
同10月 「南郷町、農協、消費者より出資」
南郷町、宮城南郷農業協同組合(現みどりの農業協同組合)及び消費者18個人、団体による出資にて資本金11,200千円に増資
同11月 「手作りハム、ソーセージの販売開始」
農協の敷地を借用し、念願の加工工場が落成、営業を開始
1993年5月 「直営養豚場を開設、豚の飼育から加工販売まで一貫事業開始」
株主社員の養豚場を譲受け、直営養豚場を開設し、豚の飼育始まる。
1995年3月 「直営養豚場を分社化し有限会社とんとん牧場設立」
株主社員3名により農業生産法人有限会社とんとん牧場設立
養豚事業、黒毛和牛肥育、水稲部門、加工野菜生産の3事業を展開
2004年3月 「平成15年度経営構造対策事業により新工場建設」
HACCP対応を目指し、総事業費105,000千円にて建設